声明&公告

 本特定非営利活動法人理事長范云涛は、2007年から2017年7月現時点にかけて、10年間にわたり一貫して「鑑真記念プロジェクト事業」を継続的に企画・構想・プロデユース・主催・運営実施してまいりました。主に2016年10月と2017年3月と立て続けに2回の双方向となる日中若者文化交流イベントを実施してきました。今年は、日中国交回復45周年記念の節目にあたり、東アジア地域では、北朝鮮のICBMミサイルの連発で、国際情勢が急激に目まぐるしい変化を見せつつあるなか、本プロジェクトは、時代の要請に合致し、アジア地域に生きる大勢の国民が平和を希求する願いと切実な利益ともマッチするものであり、公益性の高い国際ボランティア非営利活動である。本活動の意味は、すでに民族や国家の垣根を超えて、コスモポリタン的な地球人類が求める普遍的な価値へと繋がっていると言えよう。

 

 これが、まさしく1275年前から鑑真和尚の歩んできた日本渡来の壮絶な仏教戒律伝来の試みと重なるものがある。従いまして、本協会は、国内および国際社会に向けて、以下のとおり厳重に声明を発表し、広告文を載せたいと思います。

 

 鑑真記念プロジェクト実行委員会またはこれまで本プロジェクトが使用してきたすべてのロゴマークをはじめ、標識、

キャッチフレーズ、組織名称、公的な後援名義および主催団体としての実施権、解釈権を含むあらゆる知財権に関しては、

独占的、排他的な所有権を有するものであり、いかなる他の団体や組織、または個人と言えども、勝手に使用してはならないし、その解釈権も与えられるものではない。万が一それに違反した事実や不法行為にあたる行為が発覚され場合は、中国法または日本法に基づき、法の裁きに従って厳しく制裁を行うものとする。

財務情報

 

​貸借対照表を公開しています。詳細については、こちらへご覧ください。

 

​Copyright© 2019 by NPO法人亜細亜新生交流協会 All Rights Reserved.

The Asian New Albrights Communication Association